ついにNTL練習スタート!!

こんばんは!!

ようやくNTLに向けた練習がスタート!


今年の練習は去年と違い、エリート8のメンバーと合同で練習しています。

エリート8のメンバーは9割位州代表以上の選手なので学ぶことが多い!!

練習内容は

アップ。

エリート8とT-リーグミックスで2チームに分かれて、ヤーズの確認。

その2チームで試合。

エリート8対T-リーグで試合。

こんな流れでした。

T-リーグ17人中14人がウエストというチームに在籍しているメンバーなので、どうしてもその選手達でやりたがるのでゲームメイクが難しい。

練習初日ということもあって、特に細かくはやらず、とりあえずやってみようという感じでした。

チーム自体はヤーズの流れも悪くないし、あとはディフェンスとゴール前のアタックを詰めていけば今年もいいところまで狙えるんじゃないかと思いました!

次の練習は日曜日だったのですが、まさかのキャンセルで来週の水曜日!!

また全力でやってきます!!

でわ!!

Yass knockout !!

こんばんは〜!

先週末ヤスという地域で行われた大会に参加してきました!!

ヤスはシドニーから車で4時間くらい行った小さな田舎町で、あたり一面大草原!笑

そんな小さな町に、シドニーやブリスベン、メルボルンと遠い地域でから多くのチームが参加していました。

この大会は1日目はブロックごとにリーグ戦を行い、2日目はトーナメントになります!

僕はニュージーランド人の友達のアイランダーチームで参戦!!



うまいプレーヤーがいるわけではなかったですが、みんなタッチに真剣でやっていて本当に楽しかったです!

1日目は3試合行い1勝2敗。

久々に大基とプレーもできてよかった!!

そして夜はみんなでキャンプ\(^o^)/

アイランダーならではで、ギター片手に民族ソングを大熱唱!!
​​​
​なかなか日本では体験できない、本当に楽しい夜になりました!

実は人生初のテントでの宿泊!!案外寝心地良し!!

そして最終日は負けたら終わりのノックアウト!!

タップオフから点を取ってチームの流れも良し!


この大会、引き分けをなくすために決勝以外は最初の得点が3点でその後の得点は2点となっています!

試合は引き分けで、最初に得点を取ったのが僕らだったので9-8で勝利!!

と思いきや、、

レフリーが1つトライを付け忘れていて、その後交渉しても結果は変わらず…

結局1回戦敗退となってしまいました(T_T)

でも、本当にいいチームに巡り会えました!!こんなに強面なのにめちゃくちゃ優しいし、僕が帰国する前にみんなでもう一回集まろうって言ってくれました。タッチラグビーしてなかったらこんな出会いもなかったんだろうなーとしみじみ。。

タッチラグビーっていいですね!!

そして明日からはようやくMets T-League のトレーニングが始まります!

去年の反省を活かすとすれば、1回目の練習がものすごく大事。

とにかく信頼を勝ち取る。

そのためにしょっぱなからガンガンやっていかなきゃいけないし、英語で問題なくコミュニケーションとれるんだぞってとこを見せていかないといけない。

自信持って強気に楽しんできます!!

ではまたー!!

【パート2】ディフェンスシステム

こんばんは!!昨日より上手く図が書けました。

成長!!笑

では今日はカンタベリープレミアリーグでやっていたゴール前でのディフェンスシステムを紹介します!!


今回あげる例はミドルとリンク間にダウンが置かれて、リンクのプレーヤーがスクープした場合です!


昨日のシステムでいくとタッチした側のディフェンスはコーナーサイドを守り、ヒットサイドのディフェンスはその内側を守るようにディフェンスします。


さて、プレミアリーグになるとどのようなシステムになるかというと、まずディフェンスしているプレーヤー同士がとても近い距離で守ります。


このようにすることで、ヒットサイドのディフェンスはヒットするために内側に行く必要がなくなり、自分のトイメンにも戻れるようなボディーポジションを保てます。


オンサイドまで下がったら、まっすぐ前に出てアタックとの間合いを潰します。

その後スクーパーが2、3歩走りヒットできる間合いに入ってきたら手を伸ばしてヒットします。


もしパスが起きた場合は昨日説明した通り必ずヒットします。が、ボディーポジションが良いので自分のトイメンに戻れることがあります。その時はコミュニケーションを取って、ヒットサイドのプレーヤーは外を追うようにシフトします。


以上のように、このディフェンスシステムはコーナーサイドのディフェンスは変わらないが、ヒットサイドのプレーヤーの体勢を良い状態に保ち、パスが起きても自分のトイメンに戻れるようにしています。

【難しい点】

タッチしないプレーヤーが早く下がらないとヒットの準備が出来ないため、いつに誰かタッチするのかを予想しなければいけない。

常にコミュニケーションを取らないと、ヒットなのか、シフトするのかの判断が遅れてしまう。

昨日のディフェンスシステムと同じでコーナーサイドのプレーヤーはヒットサイドをほぼ見ないので、ヒットサイドはシフトすることも頭に入れながら、パスダミー等に引っかからず、自分の内側を守らなければいけない。

スクープではなく、ダウンが起きた後すぐにミドルにロングボールを投げられたら、近くに寄っている分追う距離が増えるので読みが必要。


上手い選手になると、パスコースに入ったり、相手プレーヤーの走るスペースを早めに潰してパスをさせて早めに外に誘い込むこともします!

まだまだ色々な工夫はありますが、概ねこのようなシステムを使っていました!!

来週からはT-leagueで新しいシステムのディフェンスをすることになると思うので、自分のものになったらまた更新したいと思います!

質問あったら是非!!

ではまたー!!

【パート1】ディフェンスシステム

こんばんは!

最近自主練の投稿しかできていないので、今日はオーストラリアで自分が体験したゴール前でのディフェンスシステムを紹介していきたいと思います!!

文面と手作り感満載の図での紹介なので少し伝わりにくいと思いますが、質問があればフェイスブックでコメントしてください!!

今日はカンタベリーdivision1でのディフェンスシステムを!

このチームでは完全にオープンサイドをシャットダウンするディフェンス。

*オープンサイド=タッチした人を中心に人数が多い方。ヒットサイド。

*ショートサイド=タッチした人を中心に人数が少ない方。コーナーサイド。

例はミドルで〔X1〕がクイックした場合

タッチした人は5メートル下がる時に相手のアタックより常に外側にいながらショートサイドを守ります。


その為自分の外側を確実に守ることができます。


するとアタックのプレーヤーはショートサイドで点が取れないので、オープンサイドで点を取ろうと方向をシフトします。その時の為にオープンサイドのディフェンスの人たちショートサイドへ行ったディフェンスの内側を守るようにディフェンスします。


このディフェンスをするとトライを取れる場所は、オプーンサイドのウイングだけになるので、得点を取るためにはロングボールを投げるか、1度ダウンを使いセカンドフェーズで点を取ることが予想されます。
ただし、ウイングまでのロングボールやセカンドフェーズは技術が伴うので、それで点を取られたら相手がうまかったということでしょうがないトライとします。

このディフェンスシステム以前はよく使われていたのですが、近年ではウイングに投げれる選手が多くなり、比較的簡単に点が取れてしまう為各チームともこのディフェンスを元にアレンジを加えています。

しかし、比較的タッチ経験の浅いチームや各選手で能力の差がある場合にはシンプルで分かりやすい為有効だと思います。

僕がチームでやってみて思ったことは、

•プレミアリーグでない為、2人以上飛ばせる選手が少なく失点は少なかった。

•タッチした選手は自分の外側だけ守ればいい為、ディフェンスしててやりやすい。

•外だけ守ればいいのに少し欲を出して内、外両方みようとして外で点を取られてしまう選手が試合中必ず出てしまうので、チーム、システムを信じることが大切。

•オープンサイドのウイングで取られていいとは分かっていてもとてつもなく悔しい。笑

こんなとこです!

次回はさらに上のレベルのアタックを止める為にどのような工夫をしているか、カンタベリープレミアリーグを例に書いていこうと思います!!

ではまた!!

週末はYass!!そしてもーすぐT-league練習開始!!

こんにちはー!!

まだまだNTLの練習が始まらず、早く時間が過ぎてほしい生活を送っています。笑

さて、昨年同様に今年もYassという地域で行われる大会に出場してきます!



この大会は各チーム、クラブチームではなく、友達を集めて作ったチームでの参加になります!!

そして今年はチームを変えてPenrith という地域に住んでいるニュージーランド人を中心としたチームで参加することが決まりました\(^o^)/

ステートカップ以来の大会なので、怪我なく楽しんできたいと思います!!

そして、その大会が終わるとついに来週からMetsでのチーム練習が始まります!

今年はMetsのエリート8と練習するらしいのでとても楽しみです!

今週も自主練習しかできませんが、Metsのセレクション一発目からいい動きができるようにトレーニングしていきます!!

ではこれからYassに向けた練習にPenrith まで行ってきまーす!!

留学カタログに掲載されました!

こんばんは!!

今日はいつもの報告とは違った良い報告を!!

僕がオーストラリア留学する際に、非常にお世話になっている「アイエス留学ネットワーク」というエージェントがあります。

そのエージェントが発行している、2017年〜2018年版の留学情報カタログの特集で僕の活動、体験談か掲載されました!!



このアイエス留学ネットワークはシティーのど真ん中にオフィスを構え、「あなたにしかできないオーストラリア留学」というキャッチフレーズのもと、学校入学やビザ取得手続き、フリーダイアルでの留学相談など多くのサービスを無料で行ってくれる会社になります。

そのエージェントの担当の方から、スポーツをメインとした留学の活動、体験談をカタログに載せたいということで、このような形になりました。

このカタログはアイエス留学ネットワークに問い合わせをしていただいた方全員に、無料で郵送しているカタログになります!!

このタッチラグビー留学は技術面の向上はもちろんですが、日本でのタッチラグビー普及ということももう1つの課題です。

このようなカタログにタッチラグビーというスポーツが掲載され、1人でも多くの人に興味を持ってもらえたら嬉しいです!

明けましておめでとうございます!!

A Happy New Year!!! 

明けましておめでとうございます!!

年末年始、家のWiFiが調子悪く近所のスーパーから更新…笑

シドニーでは日本より2時間早く2017年に!

タッチ留学メンバーでニューイヤーの花火と朝日を見てきましたー!!

シドニーではお正月のようなものはなく、1月2日から通常通り仕事も再開されるので年越しした感覚が全くない…

年越しそばを食べて、親戚の家に行っておせち料理食べて、初詣に行く。日本の文化はやっぱりいい!!

ってことで僕も2日から自主練習開始!!

1月から次の大会のチームMetsで週二回練習するとのことだったので、楽しみにしてたのですが、コーチに何時からやるか聞いたら1月の終わりから始めるから待ってなさいと(´・_・`)

楽しみにしてたのに!!

チーム練習が始まるまで、月曜日のローカルコンプと毎朝の自主練だけになりそうです。

引き続き、NTLで活躍できるように頑張ります!!

自主練〜!!

おはようございます!!

先週からローカルコンプもクリスマスホリデーで一旦終了(´・_・`)

ということで、先週は毎日朝練!!


朝早くからこんなメンバーで!!

だいたいいつも1人で朝練なのですが、みんな家が近いので誘って練習\(^o^)/

人数多いのは楽しい!!

やることはフィットネスとアジリティメインで、残りはパス、キャッチの基礎ハンドリングをやっています!


来年のトライアルに向けてしっかり身体動かしていきます!!

エリート8反省と今後の予定

こんばんは!

エリート8の発表からもう1週間も経ちました。

まずはエリート8挑戦への反省。

昨年の落選を受け、エリート8に選出される為にはVawdon , State cupをプレミアリーグでプレーすることが最重要課題でした。

そして、プレミアリーグに出場する為にはコミュニケーション、戦術理解、チームスタイルへの対応だと考えました。

結果はVawdon cupではプレミアリーグで4/12試合。

State cupではdivision1でプレーしました。

Vawdon cupでは初めの何試合かは上手くプレーできていたのですが、チーム方針の中で難しい点が出てきてからの対応に時間がかかってしまい、出場機会が減ってしまいました。

練習の度に自分にとって新しい動き、タイミング、考え方等に必死にもがきながら挑戦しましたが完全に実力不足。頭でわかっていても、身体が今までの癖通りに動いてしまってうまくできないことが多かったです。

そして、Vawdon cupのチームがそのままState cupに持ち上がる形になりました。

しかし、昨年のドラフトを見てもプレミアリーグ以外からの選出もあり、チームの中心として活躍すればまだ可能性はあったので必死にプレーしましたが結果は選ばれず。

非常に悔しいですが、気持ちいくらいに壁に跳ね返されて、今は次に向かう気持ちでいます。

先週からカンタベリーでの練習、試合がなくなってしまった為、朝1時間から2時間程度近くのラグビー場でアジリティ、フィットネスを中心にトレーニングをして、月曜の夕方はウエストというチームのローカルコンプに登録して試合をしています!


今後の予定としては

1月に、昨年も参加したYassという地域で行われる週末の大会に出場。

その後3月に行われるNational Touch League通称NTLに出場する為にMets T-leagueのトライアルを受ける予定です。

今の目標はこのMetsでエースとして活躍し、昨年のベスト4を超えることです。


このタッチラグビー留学の最大の目標であるエリート8出場は叶いませんでしたが、もう1つの目標である、日本のタッチラグビーを盛り上げる。この為に、残りの留学期間でたくさんのことを学び日本に持ち帰りたいと思います。

この挑戦を応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。まだまだ挑戦し続けます。

【速報】エリート8メンバー発表!!

こんばんは。

今NSW協会からエリート8のメンバー発表のメールが来ました。

NSW Country Mavericks
MAVERICKS Men’s Open 

Coach Joel Willoughby  

Adam Clune Wollongong

Matt Tope Wollongong

Terry Deegan Wollongong

Trent Ryan Wollongong

Daniel Langbridge Doyalson

Dylan Hennessey Wests

Paddy Coelho Wests

Alex Langbridge Doyalson

Scott Bundy Doyalson

Jake Fitzpatrick Doyalson

Jarod Rotomah Doyalson

Mitch Bourke Canterbury

Bart Hill Wollongong

Corey Whitaker Wollongong

Tom Dafter Doyalson

Josh Leota Doyalson
MAVERICKS Women’s Open 

Coach Mark Boland 

Ainsley Hughes Central Coast

Jessica Potts Newcastle City

Isabella Houston Wallsend

Sophie Broadhead Wollongong

Maddison Crowe Central Coast

Melinda Holt Canterbury

Kirra Dibb Central Coast

Shannon Rose Central Coast

Milly Hughes Central Coast

Jessica McCall Wollongong

Amy Regal Central Coast

Lily Goodchild Newcastle City

Amy Dufour Newcastle City 

Jasmin Dillon Central Coast

Rachel Jeffs Newcastle City 

Taryn Love Central Coast

NSW Rebels

Rebels Men’s Open 

Coach Karley Banks  

Mitch Wilton Doyalson

Jay Barron Easts

Lincoln Little Doyalson

Michael Stone Easts

Jack Weatherill Bankstown

Bradley Speechley Bankstown

Jye Antonelli Penrith

Joe Ng Parramatta

Jacob Harrington Parramatta

Casey Shelley Canterbury

Clay Studdon Easts

Charlie Suters Manly

Jake Toby Penrith

Tom Wong Easts

Josh Glachnan Doyalson

Damee Kea Doyalson
Rebel Women’s Open 

Coach TBA  

Bec Gair Easts

Claire Moran Easts

Annabelle Wright Norths

Cara Zaremski Wollongong

Samantha Atkins Newcastle

Ashleigh Quinlan Newcastle

Amanda Skwarko Easts

Madison Regan Penrith

Mizuki Imai Easts

Alex Chung Canterbury

Bobbi Law Canterbury

Justine Watchman Easts

Chelsea Hindmarsh Newcastle

Annabelle Regan Penrith

Amy Webb Wests

Chloe Scranage Manly

NSW Mets

Mets Men’s Open 

Coach Paul Sfier 

Nick Good Penrith

Chris Williams Canterbury

James Blackwood Wests

Ben Moylan Penrith

Mitch Wickham Canterbury

Dean Springfield Penrith

Scott Buckley Penrith

Cameron Nicholls Wests

Daniel Stone Bankstown

Justin Costello Wests

Ryan Goss Wests

James Shute Wests

Tjadyn Ashby Penrith

Robert Nakha Wests

Jake Grech Penrith

Steve Roberts Canterbury
Mets Women’s Open 

Coach Peter Forrester 

Abbey Papenhuyzen Penrith

Elizabeth Hewitt Easts

Kirstie Jenkins Canterbury

Bailey Toleafoa Wests

Tyla Gamble Penrith

Patricia Michaelopoulos Wests

Leah Opie Wests

Tayla Duguid Penrith

Clare Tandek Canterbury

Elin Mortimer Wests

Logan Flanagan Canterbury

Haley Crawford Canterbury

Stephanie Cummins Canterbury

Kaitlyn McCaffery Penrith

Bethany Webb Wests

Courtney Young Canterbury

NSW Scorpions

Scorpions Men’s Open  

Coach Jason Martin 

Jonathon Palau Manly

Jordan Horo Parramatta

Ciaran Toner Hornsby

Daniel Barton Parramatta

Jordan Marshall King Parramatta

Jake Pickering Manly

Sam Brisby Manly

Simon Lang Manly

Tim Barton Parramatta

Jordan Sarmento Parramatta

Jed Ibbotson Manly

Kai Simbolon Parramatta

Marley Simbolon Parramatta

Jackson Mills Parramatta

Joshua Gillard Manly

Caidyn Wynyard Parramatta
Scorpions Women’s Open 

Coach Barry Gibson  

Zara Nicholas Manly

Jenna Hitch Manly

Chloe Cheney Manly

Steph Maiolo Manly

Laura Peattie Manly

Dani Davis Manly

Tayla Clifford Manly

Rachelle Davis Manly

Hannah Dyball Manly

Sam Rodgers Manly

Yasmin Meakes Manly

Brittney Clifford Manly

Pihuka Duff Manly

Aaliyah Paki Manly

Madison Higgins-Ashby Manly

Faith Nathan Manly

残念ながらどのチームにも選ばれることはありませんでした。

この結果についてと残りのオーストラリア生活についてしっかり考えて、またブログを更新します。

また、同じタッチラグビー留学組の今井瑞季(Imai Mizuki)選手が日本人初のエリート8選手になりました!本当におめでとうございます!